MENU

スポンサードリンク

自宅でサウナを設置する価格と維持費とは!!簡単に代用する方法を紹介!!

サウナが健康や美容にいいのは分かるのですが、通うとなるとなかなか続かない…。
きっとそんな方も多いのではないでしょうか。

 

そこで家族全員で好きな時に手軽に利用できる自宅サウナがあります。
設置する場合の価格や維持費、またお手軽サウナについてもご紹介しましょう。

 

家庭用サウナの価格について

家庭にサウナを設置しようと思っても、価格については気になる部分ですよね。
サウナといっても、デザインやサイズで豊富にあるので、価格帯にも幅があります。

 

従来の高温サウナですと、息苦しくて苦手な方もいるかと思います。

 

そこで最近人気のある低温でリラクゼーション効果の高い遠赤外線サウナを例にしてご紹介しましょう。

 

工事不要の遠赤外線自宅用サウナの一人用タイプが30万円程で設置することが可能です。

 

そして二人用タイプが55万円程です。

 

サウナのタイプや規格サイズの違いでも多少価格に差があるものの、大体このような価格帯になるでしょう。

 

また本体価格の他にも送料や工事費がかかるのか、会社によって差がありますから十分な下調べが必要です。

 

自宅用サウナなんて夢のまた夢と思っていた方にとっては、意外と手の届く価格かもしれませんね。

自宅用サウナの維持費について

サウナの使用頻度によっても故障する回数が変わってくるかもしれません。
長く保つには、1年から数年に一度定期メンテナンスを入れることが大切です。

 

日々の維持費としては、電気代が1時間の使用で22〜25円程になります。

 

頻繁にサウナ施設に通うことを考えれば、いつでも好きな時に入れる自宅用サウナはメリットも大きいのではないでしょうか。

 

自宅で簡単にサウナを作る方法は?

せっかく自宅用サウナを設置しても、飽きてしまえばただの箱になってしまいます。
頑張れば手の届く価格であっても、やはり高い買い物です。

 

自宅に取り入れるまでの勇気はないという方も多いのではないでしょうか。
またなかなか自宅にサウナを設置するスペースがないという問題もあります。

 

そこで自宅で簡単にできるサウナの方法を2つご紹介しましょう。
1つ目はシャワーでミストサウナを作る方法です。

 

通常浴槽にお湯をはる時蛇口から出しますが、シャワーで高い位置から浴槽に入れるようにします。

 

温度は適温ではなく出来る限り高い温度にして、湯気が浴室全体に行き渡るようにしてください。

 

ミストサウナのような空間が出来上がります。
2つ目はビニール傘で作るサウナです。

 

温めのお湯に半身浴をしながら傘で体を覆うだけです。 

 

まとめ

サウナが大好きで通うのが大変という方は、自宅にサウナを設置するという選択もあります。

 

またそこまでしなくても簡単にサウナを再現できる方法もご紹介しました。

 

自宅用サウナの場合はよく検討し、身近に設置している方がいれば参考にさせてもらうのがいいですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ