MENU

スポンサードリンク

サウナにはダイエットに効果的なの?やせる入り方と時間について

同じ両親の間に生まれ、同じ一つ屋根の下で、同じ食生活をいる兄弟なのに体型・体質が異なるというのはよくあることです。

 

太りにくい体は先天的に持って生まれてきた体質といえます。

 

食事制限を気にせずに食べれることは羨ましいですが、例えて言うなら、ガソリンを満タンに給油しても、たいした距離を走らない燃費の悪い車と同じです。

 

人間の体は余分に摂取した栄養は脂肪として蓄えて、供給が不足した時にエネルギーとしてつかわれる働きがあります。本来、太りやすい体質は燃費のいい車なのです。

 

食べても太らない体になりたいというのは、飽食時代に生まれた現代人の贅沢な悩みかもしれません。

 

さてサウナには、そんな太りにくい体質改善するという効果があるとして、女性の間でも注目を浴びているダイエットです。

 

サウナは痩せるのか?

サウナに入浴すると激しい運動をした時と同様に大量の汗を排泄します。

 

汗をかけば脂肪も燃焼するイメージをもたれるかもしれませんが、汗の量が多ければ消費カロリーが増えるということはありません。

 

人間には汗腺と呼ばれる冷却装置が体中にあり、体温が上昇すると体の熱を下げる為に汗をかくのです。

 

有酸素運動は脂肪を運動エネルギーにかえて消費しますが、サウナで座っているのみではお風呂の入浴と変わらないのです。

 

(例)
体重55`・40歳の女性が1時間お風呂に入浴した場合、消費カロリーは約150kcal。

 

しかし、サウナの90〜100℃の熱気浴で体を急激に温めると、日ごろ活動していなかった身体機能を活発化して蘇らせます。

 

大量の汗もそのうちの一つ。

 

日本人には約300万個の汗腺が体中にありますが、普段の生活ではその半分も機能していません。
ですが、サウナの熱気で肌の皮膚の血管が刺激されることによって、体中の全ての汗腺が総動員で働きだし、体温が38℃を超えると汗をかきはじめるのです。

 

この大量に排泄される汗の中には血液中にたまった老廃物、毒素、疲労物質(乳酸)が含まれています。

 

この余分な水分や老廃物を排泄するとこが《太りやすい体質》を改善することに必要なのです。

 

血液循環が滞り代謝が落ちて脂肪を溜め込むと太りやすくなり、また栄養素の吸収が妨げられて痩せづらい体になるのです。

 

サウナに入ると皮膚の血管が拡張されて、血流は安静時の2倍になります。

 

これによって滞っていた栄養素がスムーズに体中の細胞に運ばれて、その中の不要な老廃物は排泄されるのです。

 

継続的にサウナを利用して、適度な運動とバランスいい食生活を組み合わせればダイエットに効果的といえるでしょう。

 

脂肪が消化される仕組み

運動や食事制限などで減量を体重は減っても、なかなか体脂肪が減らないという経験はないでしょうか。

 

人間の体には大きく分類して2つのエネルギー回路があります。糖(炭水化物)をエネルギーにする回路と脂肪をエネルギーする回路です。

 

脂肪を減らそうと脂質を避けた食事制限をしていると、摂取している糖を優先的にエネルギーとして消費します。

 

なぜなら、糖は単体でエネルギーとして消費することが可能ですが、脂肪をエネルギーと燃焼させるには運動で酸素を取り込む必要があるからです。

 

食事制限のみダイエットではスムーズに体脂肪が減らない理由がそこにあるのです。

 

脂肪が運動エネルギーとして消費されるまでには複雑な工程があります。

 

まず運動すると体温が上昇して血糖値が下がります。血糖値が下がると脂肪細胞からエネルギーを取り出して血糖値を安定させようとグルカゴンが分泌されます。

 

このグルカゴンの指令によって、脂肪分解酵素(リパーゼ)が体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解させます。

 

分解された脂肪酸とグリセリンは血液中を流れて、筋肉に運ばれて運動エネルギーとして消費されるのです。

 

人間の体には、蓄える脂肪《白色脂肪》とは別に、体内のエネルギーを熱に変えて体温を保つ働きをする《褐色脂肪》があります。

 

褐色脂肪は首周り、わきの下、肩甲骨といった限られた部分にしかありません。

 

この褐色脂肪は加齢とともに減少し増やすことは出来ないものの、刺激を与えることで活性化させて、白色脂肪を燃焼させることができるのです。

 

この褐色脂肪の運動を活発化させるには、冷水と温水を交互に浴びることです。
サウナでの《温冷交代浴》は褐色脂肪を促すのに効果的といえるでしょう。

 

まとめ

サウナは本来人間のもつ身体機能を活発させることにあります。

 

脂肪を燃焼させる為には適度な運動を取り入れたり、炭水化物の摂取を抑えたり、日ごろの生活習慣を見直すことができれば、サウナを活用したダイエット方法は《太りづらい体質》づくりに役に立つでしょう。

 

スポンサードリンク

このページの先頭へ