MENU

スポンサードリンク

食生活を安全に確保するためには、食材の選び方と下ごしらえが重要なポイントとなります。

食材選びだけでは100%安心して食べることはできません。
食材選びの次に必要なことは「調理の下ごしらえ」が必要になってくるからです。

 

下ごしらえで除毒をする考えなのです。

 

下ごしらえとは、ゆでこぼしや湯剥きや酢洗いのことをいいます。

 

加工食品の場合は注意が必要です。
なぜなら加工食品の場合は、下ごしらえに限界があるからです。

 

加工食品で摂取した毒素を解毒するために、解毒作用のある食材を食べないといけなくなります。

 

ちなみに、有害物質を取り入れると悪玉活性酸素が体内で発生をします。

 

理想的な対策としては、添加物や有害物質に対して免疫が高い体質を作ることがことでしょう。

 

免疫を高めるためにも、オーガニックの食材をこだわり毒素を処理する下ごしらえが大切なんです。

 

加工食品の安全性

加工食品には食品添加物が含まれています。

 

加工食品を食べることで食品添加物はほかの化学物質と比較をすると摂取しやすく体に取り込む量が多くなる可能性があります。

 

食材の効果を利用したデトックス効果には限界があるので、食品添加物を控えて体内に有害物質を取り込む量を少なくすることが賢い洗濯となります。

 

取り込む量の対策として食材選びと下ごしらえが重要になってくるのです。

 

加工食品の表示を確認しましょう。

販売しているか食品には、食品表示が必ずあります。

 

購入するときは、価格だけでなく表示を確認する必要があります。
そのためには、表示についての知識を身につけるのが大切になってきます。

 

健康被害にも繋がる?

食品添加物を摂取し続けるとで悪玉活性酸素が増えます。
悪玉活性酸素は「からだをサビさせる」働きがあります。

 

からだがサビることで以下の症状が出る可能性があり免疫の低下やメタボリックシンドロームなどの原因になります。

 

加工食品を選ぶときのポイント

加工食品をえらぶときは、食品添加物を気をつける必要があります。

 

食品添加物とは、食品を調理や製造するときに添加する物質のことをいいます。
この物質は保存性を高めたり栄養を強くする目的で使用されます。

 

添加物は以下の種類に分類されます。
・着色料
・保存料
・殺菌剤
・酸化防止剤
・甘味料

 

食品添加物による不安

食品添加物は悪い印象を持っている方が多いと思います。
食品添加物は健康被害の不安があるからです。

 

代表的な健康被害は発がん性です。

 

最近では、すべての万病のもととなる活性酸素も発生させると言われています。

 

また、添加物が体の中に蓄積されることで代謝が悪くなり脂肪を溜め込むメタボリック症候群になりやすとまで言われています。

 

人工甘味料は砂糖のように甘いですがカロリーは控えめです。サッカリンと言う甘味料は発がん性がアメリカで認められましたが、肥満の方が問題で日本では発がん性のあるサッカリンの使用は認められています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ