MENU

スポンサードリンク

ダイエットに成功する塩サウナの効果。紫外線と赤外線の違いとは

ダイエット方法には、さまざまなやり方があります。

 

・食事制限
・運動
・デトックス

 

などがあります。

 

ダイエットをするときに理想な痩せ方は、「つらい」「きつい」のこの2つですよね。

 

運動が苦手な方ならサウナがおすすめです。

 

サウナであれば、カロリーとデトックス効果があり運動が苦手な方でも痩せることができます。

 

また、サウナには代謝をアップさせる働きがあるので基礎代謝の改善や冷え性の悩みも解消できることでしょう。

 

サウナにも種類があり「塩」を使ったサウナもあります。
塩サウナのダイエット効果について紹介しますね。

 

塩サウナの効果と入り方

塩サウナとは、サウナの室内に塩が盛られていて体に擦り込むことで健康や美容効果を得られることができます。

 

塩には以下の効果があります。

 

・殺菌効果
・スクランブル効果

 

サウナで体が温まると毛穴が開きます。

 

開いた毛穴に塩を擦り込むと塩が浸透し毛穴に詰まった汚れが汗を一緒に流れ出す効果があります。

 

デトックス効果をあり余分な水分や脂肪も排出する働きもあります。
毛穴汚れや体内の老廃物が気になる方におすすめなんです。

 

入り方に注意をしよう

塩サウナのポイントは、塩の塗るタイミングです。

 

体を洗う

 

↓↓↓

 

体を拭く

 

↓↓↓

 

サウナ室へ入る

 

↓↓↓

 

体から汗が出てきたら塩を塗る
※ここが重要なポイントです

 

 

↓↓↓

 

塩が汗と一緒に流れてきたらマッサージをしましょう

 

↓↓↓

 

塩をシャワーで流す

 

重要なポイントは、汗が出てきたら塩を塗ることなんです。
なぜなら、塩のザラザラが肌を傷つけるからです。

 

強く刷り込んだりマッサージをすると肌を傷つけシミなどのトラブルになるのでやめましょう。

 

刺激に敏感な部位に塗るのも良くありません。

 

塩サウナの室温はドライサウナと比較すると温度が低いです。
ドライサウナが約80度前後ですが、塩サウナは約40度ほどです。

 

紫外線と赤外線の違い

紫外線と赤外線は光の波長の長さを基準に分類されています。
紫外線を浴びると肌へ悪影響を与えると言われています。

 

サウナで体が温まるのは遠赤外線のエネルギーの影響を受けているからです。

 

サプリで消費カロリーアップ

サウナは体内の水分が出るだけでダイエット効果がないと言われています。
ですが、代謝があがり発汗するだけでもカロリーを消費されるのでダイエット効果があると言えるでしょう。

 

また、老廃物を体の外へ出すことでより脂肪が燃焼されやすくなります。

 

サウナへ入る前に代謝をアップさせたり脂肪燃焼を促進させるサプリを飲むとさらに痩せやすいなるでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ