MENU

スポンサードリンク

サウナは多汗症やうつ病や糖尿病にどのようか効果があるのか?

サウナは多汗症やうつ病や糖尿病にどのようか効果があるのか?
現代の日本では精神的、肉体的に悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。

 

それが自分ではどうにもならない病気であったらどうでしょう。
それが気持ちの良いサウナで少しでも改善されればありがたいですよね。

 

今回は患者の多いとされる多汗症、うつ、糖尿病でサウナがどれだけの効果があるのかを探っていきましょう。

 

サウナは多汗症に効果がある?

多汗症でも症状や原因は様々であり、これが効くという方法も一つとは言えません。
多汗症には全身性多汗症と局所性多汗症があります。

 

全身性多汗症とはその名の通り、体の一部からだけではなく全身からたくさんの汗が出てしまいます。

 

バセドー病や糖尿病、更年期障害などが原因で発症することが多く、病院で治療することで症状が軽くなることが多いようです。

 

一方局所性多汗症の場合、手のひらなど特定の部位に集中して汗をかく症状が出ます。

 

主な原因は精神的ストレスからくる自律神経のバランスが崩れることによるもの。

 

ですから局所性多汗症の場合、食生活の見直しもしながらストレス解消を目指すことが大切です。

 

また体内に溜まった老廃物も多汗症の原因となるので、それらを体外に出すことも必見です。

 

よってリラックス効果や自律神経の乱れを治す効果、老廃物を体外に出す効果が期待できるサウナは多汗症の改善にいいと言えるでしょう。

 

サウナはうつに効果がある?

現代病ともされるうつ。
学校や会社で精神的に追い込まれて、軽度のうつ症状が見られる方は多くいます。

 

そのまま放って悪化すれば、うつ病にもなりかねません。
サウナにはリラックス効果が絶大です。

 

またサウナの暑さの中で一定時間我慢するという状態は、瞬間的な「悩み記憶喪失状態」となります。

 

その究極の空間から出た時、開放感から驚くほど心も体もスッキリした状態になるんだそうですよ。

 

サウナは糖尿病に効果がある?

上記でもお伝えした通り、サウナには緊張を和らげてリラックスさせる効果があります。

 

ストレスを感じている時は血糖値が上がりますが、逆にリラックス状態では血糖値の変動が穏やかになります。

 

またサウナで血行促進することで、インスリンの働きも良くなるので糖尿病には効果があると言えるでしょう。

 

糖尿病改善効果を期待したいのならば、高温ではなくミストサウナなどの低温サウナをオススメします。

 

ただし高血圧症も持っている方には、サウナ自体オススメできません。

 

まとめ

サウナでリラックス効果を得るだけでなく、心や体の悩みも改善できればありがたいですよね。

 

とは言え毎日入ったり、長時間入るのは体に負担がかかります。
適度な頻度と時間を守り、上手な付き合い方をしていきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ