MENU

スポンサードリンク

サウナに入る前に知っておきたい入浴時間と楽しみ方

サウナは発汗効果が高くデトックスも期待できますしリラックス効果もあります。
しかし、正しい入り方を知っておかないとせっかくの効果が半減してしまいます。

 

正しいサウナの入り方はとは、、、

 

・体を洗い毛穴の汚れを落とす
・水分補給を汗を出しやすくさせる
・体を拭く水気を取る

 

この3つが大切です。

 

ですが、もっとも大切なのは入浴時間です。

 

サウナは高温で慣れが必要なので普段、サウナに入らない方でもサウナのベテランでも入浴時間はとても大切なのです。

 

間違った入浴時間は体に負荷を与え逆に不健康になってしまいます。
最悪の場合は病院へ運ばれることもあるんです。

 

正しい入浴時間の知識を身に着けてサウナを楽しみましょう!!

 

サウナの正しい入浴時間

サウナに入るときは、普段サウナに入らない方とサウナに頻繁に入る方では時間が違います。

 

普段サウナに入らない方

高温のサウナに体をまず慣らす必要があります。

 

まず、5分ほど入り慣れてきたら10分以上入るようにしましょう。
腰掛けるときは、一番温度が低い下段から座り徐々に上段へ座るようにしましょう。

 

汗を出す汗腺は、汗を出さないと能力が衰えてしまいます。汗をかいていない方が高温のサウナにはいっても汗が出ないことがあります。数回、入ると汗が出てくれるので発汗トレーニングを忘れずにしましょう。

 

サウナに頻繁に行く方

頻繁にサウナに入っている方は熱さにもなれ、汗が出やすくなっています。
水分を多めに補給しサウナに入っている時間を楽しみましょう。

 

サウナは我慢大会ではありません。苦しくなったり体調が悪くなったときはすぐに出るようにしましょう。

 

また、汗を出す汗腺が疲れると熱くても汗が出なくなります。

 

休憩をすることで汗腺も休めるので汗が出やすくなります。
コマ目に休憩は取りましょうね!!

 

休憩はとても大事です。

休憩は、水風呂が定番になっていますね。

 

サウナで熱くなった体を水風呂で冷やすことで温冷効果が働きます。
温冷効果は以下の効果があります。

 

・疲労回復
・不眠症の改善
・ストレス発散
・自律神経の強化

 

などなどあります。

 

ですが、心臓が弱い方がサウナに入った後に冷たい水風呂に入ると心臓に負担をかけます。
持病があり体に自信がない方は、水風呂に入らないほうがいいでしょう。

 

サウナに入る⇒水風呂 コレを繰り返すことでサウナと温冷効果が高まりますよ。

 

サウナの楽しみ方

サウナを楽しむためにも以下のルールを守りましょう。

 

・食後には入らない
食後は胃に血液が集まるので全身の血行がよくなるサウナとは相性が悪いです。
食事をした場合は、1時間後ぐらいに入るようにしましょう。

 

・お酒を飲まない
お酒とサウナも相性が悪いです。

 

高温のサウナではアルコールが周り危険です。

 

・水分補給をしましょう。
サウナに入る前と入った後は水分補給を必ずしましょう。
大量の汗をかくので脱水症状になるからです。

 

サウナに入った後は、お酒は飲んでも大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

このページの先頭へ