MENU

スポンサードリンク

お腹の脂肪を燃焼させるには老廃物を排出する必要があります。

体重を少なくするには脂肪を燃焼させる必要があります。
脂肪を燃焼させるには、食事制限をし代謝をあげる必要があります。

 

食事制限をするときは、脂肪になりやすい炭水化物と脂質を控えましょう。

 

代謝をあげるには、運動をし筋肉量を増やすと基礎代謝が増えて脂肪が燃焼しやすい体へと変化します。

 

なかには、食事制限をしても運動をしても「なかなか脂肪が減らない」って方もいることでしょう。

 

実は、脂肪が減らないのは「体内に溜まった老廃物が原因で燃焼されないのです。」

 

燃えない脂肪の正体

人間は、食べ物や呼吸をすることで体内に不要な成分を少しづつ取り入れています。

 

その不要な成分とは、、、

 

・有害金属
・老廃物(毒素)

 

この2つです。

 

有害金属は以下の方法で体内へ取り込んでしまいます。

 

・工場から出る煙や排気ガス
・魚に食べて取り込み
・野菜や残留農薬に含まれ取り込む
・食品やサプリメン

 

などがあります。

 

有害金属には、ある特性があります。

 

脂肪と結びつき不燃脂肪へと変化するのです。

 

不燃と脂肪なので燃えにくい脂肪ってことですね。

 

ダイエットをしても全然、脂肪が燃えないって方は、体に有害金属が溜まり不燃脂肪になっている可能性があります。

 

もし、不燃脂肪が原因でダイエットを失敗してしまう方は以下の方法をしてみましょう。

 

・腸内環境を整えデトックをする
・岩盤浴で汗をかき有害金属を排出させる

 

ダイエットをするとき食事や運動に力を入れる方がいますがオススメはできません。

 

ダイエットを開始するときは、まず腸内環境を整えたほうが健康的に痩せることができるからです。

 

まず、腸内に溜まった老廃物を排出させることで腸が元気になり代謝があがります。

 

老廃物が溜まると腸から不要な成分が吸収され血液やリンパへと流れ代謝を悪くしてしまいます。

 

腸内環境を整うと食べ物の消化と吸収する能力がアップするので全身へ質の良い栄養を送り出すことにも繋がるのです。

 

腸内環境を整えるには、起床後にミキサーで作った野菜か果物のジュースを飲むといいですよ。

 

岩盤浴で有害金属を排出させる

有害金属は、汗をかくことで排出させることができます。

 

汗をかくにもポイントがあります。

 

体の芯から温まり時間をかけてゆっくりと汗をかくことです。

 

この条件を満たすのが岩盤浴です。
岩盤浴は、遠赤外線の効果て体の芯からポカポカの温め汗をかくことができます。

 

汗をかくには「サウナでもいいのでは?」っと思う方もいると思いますが、温まり方に違いがあります。

 

例えると、、、

 

サウナは、体の外から熱を浴びて表面から汗をかきます。
岩盤浴は、体の芯から温まるので奥からじんわり汗をかきます。

 

岩盤浴のように体の奥から汗をかいた方が有害金属が多く含んだ汗をかくことができるんですよ。

 

汗をかくには、慣れが必要です。普段から運動や入浴をする習慣がある方なら汗を出やすいです。ですが、習慣になっていない方が岩盤浴に初めて入浴してとき、汗をかくことに慣れていなので汗が出にくい場合はあります。汗が出にくい場合は、半身浴や運動をして発汗トレーニングをしましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ