MENU

スポンサードリンク

サウナ後の水風呂はヒートショックの危険!?痛や立ちくらみがあったときの対処方法とは

サウナで温まった体を冷たい水風呂で冷やすと温冷効果により、疲労回復を促進させたり血行がよくなることがあります。

 

ですが、体調が悪かったり持病があるとヒートショックを起こす危険性があるんです。

 

ヒートショックとは、急激な温度変化により血圧が上昇と下降りることで心臓や脳の血管にダメージを与えることです。

 

血圧が上昇したときは、脳出血や脳梗塞や心筋梗塞になる場合もあります。
また、血圧が下降したときは、脳貧血を起こすこともあります。

 

ヒートショックになりやすい方は以下です。

 

・65歳以上
・持病を抱えている(高血圧、糖尿病、動脈硬化など)
・太っている
・呼吸器官に問題がある
・不整脈がある
・お酒を飲んだあとに風呂にはいる

 

ヒートショックは、年間で1万3000人も起きトラブルになっています。

 

家での入浴時にヒートショックは多いです。
冬な脱衣所と浴室の温度差があり血圧が上下しやすい環境だからです。

 

サウナから水風呂に入るときは、急に入るのではなくゆっくり心臓から遠い場所から浸かるように入浴をしましょう。

 

また、サウナから水風呂にはいるときだけでなくサウナに入った場合にもヒートショックは起きるケースもあります。

 

ヒートショックにならないためにも以下に条件を満たす場合はサウナに入るのはやめましょう。

 

・お酒を飲んでいる
・食後
・持病がある
・体調が悪い(寝不足、疲れ過ぎもダメです)

 

サウナはヒートショックだけでなく、脱水症状や熱中症が起こる場合もあります。水分補給はマメにしましょう。

 

ヒートショックが起きたら

ヒートショックは短時間で血圧が上下することで体に不具合が出ます。

 

ヒートショックが起きると以下の症状が出ます。

 

・動悸がする
・胸に激しい痛みが出る
・頭の痛みが激しくあり意識が朦朧とする

 

人によって症状がさまざまあると言われていますが、この3つは代表的な症状です。

 

この3つの症状があると心筋梗塞や脳梗塞が起きる前兆と言えるでしょう。

 

対処方法

ヒートショックになった場合は、、、

 

すぐに救急車を呼びましょう。

 

最悪の場合は「命を落とす危険」がありますが対処が早ければ最悪のケースを避けることもできます。

 

命は助かったでも後遺症が残る場合もあるんですよ。

 

救急車が車での時間は、呼吸と意識があるか確認をし呼吸がない場合は人口呼吸と心臓マッサージをしましょう。

 

AEDがある場合は使うようにしましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ