MENU

スポンサードリンク

免疫力が低下する原因と改善する方法

免疫が低下する原因は大きくわけると3つあります。

 

・食品添加物
・加齢
・ストレス

 

この3つが原因なのです。

 

食品添加物

食品添加物が体内に入ると悪玉活性酸素の発生が増加します。

 

食品添加物は、加工食品やコンビニの弁当やお菓子やジュースにたくさん含まれています。

 

食材を購入するときは、着色料や保存料や甘味料をチェックしましょう。

 

また、野菜には残留農薬、魚や肉には有害物質が微量に含まれています。
これらを取り除くには正しい下処理が必要になってきます。

 

もしくは、無農薬なオーガニックを選ぶようにしましょう。

 

価格は高くなりますが、健康に投資し病気知らずの体になるためには必要なことです。

 

健康をキープするためにお金を使うのか?それとも病気になってから治療にお金を使うのか?

 

どちらがいいかをよく考えましょう。
病気にならないためにお金を使ったほうが賢い洗濯と言えるでしょう。

 

体内で不要な成分(食品添加物、悪玉活性酸素)やその他の有害物質を排出させるには食物繊維を多く含んだ野菜か海藻を食べるといいでしょう。

 

加齢が原因で免疫が下がる

体内にウイスルや細菌が侵入すると心臓の上にある器官(胸腺)が信号を出し白血球を活発にさせます。

 

胸腺が正常に働いていると白血球がウイルスや細菌を退治るするので免疫は保たれます。

 

ですが、50歳を過ぎると胸腺の能力が低下していきます。

 

胸腺の能力が落ちるとウイルスや細菌が体内に侵入しても白血球に信号を出さないため病気になりやすくなります。

 

つまり、免疫力が落ちるのです。

 

ストレス

免疫と自律神経は深く関わっています。
自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。

 

交感神経と副交感神経はバランスと保つことで免疫力が保たれています。

 

ですが、ストレスが溜まると交感神経と副交感神経のバランスが崩れ免疫力が下がることがあります。

 

免疫が低下すると病気になりやすくなるだけでなくニキビなどの肌へも悪影響を与えます。美容と健康の意識を高めたい方は免疫を下げないように対策を練りましょう。

 

免疫力を改善させる方法

免疫力を改善させるには、免疫細胞が働きやすい環境を整えることが重要です。
環境を整えるには白血球を増やし活性化させることがポイントになってきます。

 

白血球を増やすには「食材選び」が大切です。

 

偏った食材は食べない

偏った食材を食べることはやめていろいろな食材をバランスよく食べるようにしましょう。

 

例えば、筋肉を作るには、タンパク質をたくさん食べるようとします。

 

肉類ばかり食べると脂肪とコレステロールが取りすぎてしまいます。
魚ばかり食べると魚の脂肪である不飽和脂肪酸を摂取しすぎてしまいます。

 

他にも、腸内環境を整えようと食物繊維を含む野菜を食べすぎると補酵素のミネラルの吸収を妨げてしまいます。

 

ファイトケミカル野菜を食べよう

ファイトケミカルとは白血球を増えやし活発にさせる成分のことです。

 

他にも抗酸化作用やがん予防に役立つといわれています。
理想はファイトケミカル野菜と1日に3品以上食べることです。

 

笑うことも白血球を増やすことができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ