MENU

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの問題点と対策方法

メタボリックシンドロームとは成人病の診断基準です。
メタボリックシンドロームの中で一番の問題点はなんだと思いますか?

 

一番の問題点は、、、

 

肥満なんです。

 

肥満には、2種類あります。

内臓に脂肪が溜まりやすい内臓脂肪型肥満といい太り方が果物のリンゴに似ていることからリンゴ型肥満ともいいます。

 

内臓脂肪型肥満は、男性に多くお腹を中心に上半身の内蔵の周りに脂肪がつきます。
また、生活習慣病(動脈硬化、糖尿病、高血圧など)を引き起こしやすいと言われています。

 

女性に多い肥満を皮下脂肪型肥満といいます。
果物の洋梨に似ていることから洋梨型と言われています。

 

皮下脂肪型肥満は、下半身に皮下脂肪が多くつくのが特徴的です。
男性に多い内臓肥満型とは違い生活習慣病にはなりにくいです。

 

痩せているように見えても内蔵に脂肪が多くついていれば内蔵型肥満になります。肥満である実感がなくても、もしかしたら肥満の可能性も0でなないんですよ。

 

内蔵に脂肪が蓄積する原因

内蔵に脂肪が蓄積する原因は、摂取したエネルギー量が基礎代謝や運動で消費されるエネルギーを上回ったからです。

 

つまり、必要のないくらい食べて消費されなかったエネルギーは脂肪となるのです。

 

対策方法は、食物繊維をたくさん食べることです。
食物繊維の中でも不溶性食物繊維を摂取するといいです。

 

不溶性食物繊維を食べると胃にとどま るかさが多くなります。
噛む回数も増えるので唾液の量が増え満腹感が増します。

 

肥満の予防は、消費するエネルギーを増やすことも重要ですが、必要のないエネルギーを口に入れないことも大切なことなのです。

 

代謝を下げる食材

食品添加物や体に不要な物質は、代謝を悪くします。

 

腸内から吸収されリンパや血液を通して体中の老廃物となって代謝を悪くするのです。

 

老廃物や有害物質は脂肪と相性が良く不燃脂肪やセルライトになってダイエットの敵となります。

 

体に老廃物が溜まったら毒素を排出させるデトックスをしましょう。
スムージーやマッサージや岩盤浴が効果的ですよ。

 

他には、、、

 

水溶性の食物繊維かビタミンB1を摂取することが対策方法になります。

 

水溶性食物繊維は、老廃物を包み込み働きがあります。
水溶性食物繊維はヌルヌルした野菜や海藻のことですよ。

 

ビタミンB1は、代謝を活性化させる働きがあります。

 

脂肪=悪っと考える方がいますが、人間は餓えに備えるために脂肪を蓄えています。脂肪があるおかげて水さえあれば数日何も食べなくてもいきていくことができるんですよ。

スポンサードリンク

このページの先頭へ