MENU

スポンサードリンク

毛穴の黒ずみを落とすにはサウナは効果的ではない理由について

思春期に顔のTゾーンのテカりが始まり、気が付けば消えない鼻の黒ずみに悩んでいる方は多いかと思います。

 

毛穴パックですっきりとれても、ひらいた毛穴のブツブツだけはどうにもなりません。

 

サウナには熱い蒸気で皮脂腺が活発化して、皮脂の汚れが排出されると言われています。

 

実際のところ、綺麗になる根拠があるのでしょうか?

 

毛穴の黒ずみの原因

毛穴の役割に2つあります。皮脂を分泌することで、ホコリや化学物質などの外部的な刺激から守ること、汗・皮脂とともに体から老廃物を排出することです。

 

毛穴は1つで、バリアとデットクスをする二つの機能が備わっているのです。

 

毛穴に黒ずみが出来るのには、幾つかの要因が考えられます。

 

乾燥肌の場合は、保湿が足りないとバリア機能が働いて、皮脂を多く分泌して肌を守ろうとします。

 

その油分が空気中のよごれを引き寄せてしまい毛穴の詰まりの原因になります。

 

常に油脂性の肌の場合は、脂肪分の高い食事、偏食が原因により、分泌される皮脂量と新陳代謝のバランスが崩れて、常にベタベタしたオイル肌になるのです。

 

もしくは過剰なケアが刺激になったり、紫外線などの刺激でメラニンが蓄積して、毛穴は汚れていないけど黒ずんでみえることもあります。

 

サウナで黒ずみは解消されるのか?

暑いサウナで毛穴から沢山の発汗すれば、皮脂汚れの黒ずみも汗とともに流れていくイメージをもたれるかもしれません。

 

しかし汗は体全身にある汗腺(エクリン腺)から排出されるのです。

 

毛穴の皮脂線から汗は出ていないので、結論としてはサウナでは黒ずみは解消されないと言えます。

 

但し、サウナには血液を拡張してして、血液の循環を促進させる働きがあります。
新陳代謝がよくなることで、肌のオーバーターンを正常にもどる効果が得られます。

 

古い角質などが剥がれ落ちて生まれ変わることによって、黒ずみが改善される場合もあります。

 

このような効果を得る為には継続的にサウナを利用する必要性があります。

 

水風呂は肌にいいの?

サウナに入ると皮膚の血管は拡張し、水風呂に入ると急激に収縮し、またサウナに入ると水風呂に入る前より血管が拡張します。

 

繰り返し浴をすることによって、血液循環が急激によくなるのです。

 

では肌にはどんな効能があるのでしょうか。水につかると皮膚や汗腺を刺激されて、毛穴が引き締める効果があります。

 

サウナの後に水風呂に入った後に肌を触るとツルッと手がすべるのもその為です。

 

水風呂は急激な乾燥を防ぐので、アトピー性の皮膚炎の症状改善効果があると言われています。
乾燥肌の方にもお勧めの入浴方と言えます。

 

しかし、水風呂は血管を強く刺激する為、持病があったり、健康状態に不安などがある場合は医師相談してください。

 

まとめ

残念ながら、サウナの入浴だけでは鼻の黒ずみ汚れをとる直接な効果はありません。

 

しかし、体の血液循環を改善することによる肌の美容効果は続けることで期待できるでしょう

スポンサードリンク

このページの先頭へ