MENU

スポンサードリンク

ふくらはぎが固いのはなぜ?老廃物のゴリゴリを解消する方法

ふくらはぎは、歩いている時に負担がかかりやすいので、疲れた時に固くなったと感じる事があります。

 

老廃物が溜まりやすく、むくみを引き起こす原因にもなります。

 

ではなぜ、ふくらはぎには老廃物が溜まりやすいのでしょうか。
理由は以下のようなものになります。

 

  • サイズの合わない靴を履いている
  • ヒールが高いパンプスやブーツを履く
  • 運動不足で筋肉が弱っている
  • 冷え性で足先が冷たい

 

このように、普段の生活スタイルが原因で、ふくらはぎに老廃物が溜まりやすくなるのです。

 

次に予防や解消法について考えて見ましょう。

 

ふくらはぎは体重を支える筋肉があり、普段から鍛えることで強くなります。
筋肉が強くなれば冷え性も改善され、多少疲れても固くなることはありません。

 

具体的な対策法としては、次のようになものになります。

 

  • ストレッチや筋トレで筋肉を強くする
  • 足湯をして疲れと冷えを癒す
  • 姿勢が悪くなる靴を履かない

 

毎日10分間程度で良いので、筋トレや足湯などをして、ふくらはぎの疲れをほぐしてください。

 

固まっていた筋肉がほぐれ、老廃物も流れやすくなるので、足が軽く感じるはずです。

 

それから、姿勢が悪くなるヒール靴を履くと、どうしてもふくらはぎに余計な力が入ります。

 

できればスニーカーやぺたんこ靴を履いて、ふくらはぎが固くならないように心がけてください。

 

ふくらはぎがゴリゴリする原因と解消方法について

ふくらはぎがゴリゴリする原因とは一体何なのでしょうか。

 

そもそも、ふくらはぎとは、何のために存在するのかというと、下半身の血液を上半身に対して送り返すためなのです。

 

このように相当重要な役割を果たしているふくらはぎなのです。

 

ですが、時折、マッサージなどをしている際に、何かしら、ゴリゴリしたような感触があることに気づく場合もあることでしょう。

 

筋肉が張っているだけと見過ごす場合が多いでしょうが、これは筋肉にコリがある状態です。

 

どのような時に、このようなコリが生じているのかというと、内臓が不調であったり、または、腰痛があったり、膝に痛みがあるような場合に、ふくらはぎにゴリゴリが生じていることがあるようです。

 

このゴリゴリに対して、何も処置をしないでいれば、血流が悪化してしまう一方であり、それとともに体が不調になっていきます。

 

このゴリゴリの解消法としては、早めにマッサージなどでほぐすことです。指を用いて、押すような感じで揉むことによって、段々とゴリゴリが解消していきます。このマッサージは入念に行いましょう。

 

ふくらはぎのゴリゴリは、1日や2日では到底解消しないために、相当根気が要ります。

 

音楽を聴きながら、あるいは、テレビを見ながらでもいいので、できるだけ毎日10分以上、ゴリゴリした箇所を揉みほぐしていきましょう。

 

しかし、力を入れ過ぎると、ふくらはぎそのものを痛めかねないことから、この点に注意してマッサージしましょう。

 

こうすることによって、徐々にゴリゴリが解消していきます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ