MENU

スポンサードリンク

解毒作用のある食材を食べるとデトックス効果があります。下処理で毒素を取り除きましょう。

体内に溜まった毒素は、解毒力のある成分を含む食材を体内に体内に取り込みことでデトックスができます。

 

ちなみに、体内に溜める毒素の原因は添加物が多い食品だと言われています。
体内の毒素を排出させるためには以下の条件を含む食品を食べるといいでしょう。

 

・毒素を封じ込める
・毒素を外へ追い出す

 

この条件を満たす食品がデトックスに最適な食材と言えます。
ただし、この他にも以下の条件の食材を選びましょう。

 

・旬の食材
・有機栽培
・無農薬
・減農薬

 

以上の4つです。

 

毒素の出口は5つあります。

毒素を出口は以下です。

 

・便
・尿
・髪の毛
・汗
・爪

 

便は全体の75%も占めていて毒素のほとんどは便から出ると言ってもいいでしょう。

 

便秘になることで排出が滞るので腸内環境を整える習慣を身に着けたほうがいいでしょう。

 

尿は便の次に多い20%です。
尿には老廃物や食品添加物が含まれています。

 

また、過剰に摂取したビタミン類も混ざることがあります。

 

汗は真夏になると1日で5〜10リットルもの量がかくと言われています。

 

涼しいところにいると汗をかく能力が衰えるので適度に運動や入浴で汗をかくトレーニングをしておきましょう。

 

食材のしたごしらえで毒素を排除しましょう。

下ごしらえをすることで毒を取り除くことができます。

 

体内の毒素は食材が原因で溜まるので下ごしらえをきちんとして対策をしましょうね。

 

野菜は流水で洗いましょう。

野菜には残留農薬が付着している場合もあります。
農薬を洗い流す方法は以下です。

 

葉物野菜・・・外側の葉を捨てる。流水で表面を洗い根を切り落とす
根野菜・・・皮をむいて洗う

 

米とぎ

最初の水はj吸収しやすいので1回目のとぎ汁は素早く投げる。
水につける時間は夏場は30分、冬は1時間程度でOKです。

 

米にも残留農薬がある場合があるので気になる方は炊く直前に水を入れ替えるといいでしょう。

 

鶏肉

肉類は、成長を早めるためにホルモン剤をなどを使用している場合はあります。

 

もったいないですが、脂身や皮は取り除くほうがいいでしょう。

 

魚類は、ダイオキシンや有害金属を含む可能性が高いです。
処理方法は、頭、エラ、ワタを取りましょう。

 

貝の殻は流水で洗い流しましょう。

 

海水と同じ塩分濃度に漬けて砂抜きをしましょう。
塩分濃度は、水が200mlに対して小さじ1杯程度でOKです。

 

果物

流水で洗い皮を丁寧に剥きましょう。

食材には、毒素の原因である残留農薬や有害金属が微量ですが含まえています。気にある方は、オーガニックや無農薬の食材を選ぶといいでしょう。

 

スポンサードリンク

このページの先頭へ