MENU

スポンサードリンク

美肌に効果的なのはどっち?サウナと岩盤浴の美肌効果を比較!!

いつまでも張りのある決め細やかな肌でいたい、というのは大半の女性の想いである。

 

ではサウナと同様にに発汗作用のある岩盤浴には、どんな効能が期待できるのか、特に女性は美肌効果が最も気になるところでしょう。

 

どちらも共通する点は、温熱作用により、日頃活用していない身体機能を活性化させることでもたらす効能(血液循環の促進・老廃物排泄による疲労回復・自律神経の調節)です。

 

しかし、サウナの熱気浴と岩盤浴の遠赤外線の放射では、体の温め方に根本的な違いがあり、かく汗の種類も肌にもたらす作用も異なるのです。

 

サウナで美肌になれるのか?

サウナで美肌効果を高める為には《温冷交代浴》をすることが重要となります。

 

一般的なサウナは80〜100℃の熱気室、湿度は10〜15%と極めて低い状態です。熱気浴により皮膚が刺激されることで血管が拡張して体温を上昇させます。

 

皮膚の血管は熱気と冷水を交互に刺激を与えることによって、拡張・収縮を繰り返します。

 

結果、血液循環がよくなることにより、生理機能が活発化されてホルモンバランスを整えます。

 

このことにより肌の角質層のオーバーターンを正常に戻すのです。

 

汗を大量にかいた後、外気を浴びると気化熱により急速に水分が蒸発されてしまい肌に必要な水分を奪って乾燥してしまいます。

 

サウナ後の乾燥やかゆみを抑えたり、サウナの熱気で開いた毛穴を引き締めたりするためにも水風呂は欠かせません。

 

美肌効果だけではなく、この温冷交代浴はアトピー・アレルギーなどの皮膚炎にも効果があります。

 

体を温めることで副交感神経を刺激し、冷やすことで自律神経を刺激することで、体内の副腎からステロイドの分泌を促すのです。

 

冷たい水風呂に入ることに抵抗や恐怖を感じる方は、最初はぬるま湯のシャワーを浴びて徐々に体を慣らすことから始めてみましょう。

 

岩盤浴で美肌になれるのか?

岩盤浴は35〜45℃の低温室で、湿度は50〜80%と幅はあるものの高めな状態です。

 

鉱石から放射される遠赤外線を浴びることによって、皮膚の分子を振動させることで体を温めます。

 

遠赤外線は体の芯から温めるといいますが、遠赤外線の放射によって皮膚を透過する深さはたったの0.2mmです。

 

その深さで吸収されて熱に変わり、この熱が皮膚の毛細血管などを流れて、身体の内部に伝わることで、身体の奥まで温めるのです。

 

岩盤浴の特徴は、皮脂を分泌する皮脂腺から発汗を促すホルミシス効果です。

 

皮脂腺から汗をかくためには、2時間くらいの激しい運動(例:30Km以上のジョギング)して体を芯から温める必要性があります。
この皮脂腺から汗をかくことで、毛穴の角質の詰まりなどを掃除することができるのです。

 

あと岩盤浴にはマイナスイオン効果があります。

 

人間は呼吸をすることで肺に酸素を取り込み、血管を通って体中の細胞へと送られて、代謝エネルギーとしてつかわれます。

 

この過程で自然に身体の中には活性酸素が生み出されます。

 

本来は免疫機能を高めるものとして身体には必要な働きをしていますが、過剰に増えることで老化現象の原因にもなります。

 

岩盤浴で使用される自然の鉱石にはマイナスイオンが豊富に含んでいて、そのマイナスイオンを身体に取り込むことによって、活性酸素の働きを抑制する効果があり、老化防止につながるのです。

 

サウナと岩盤浴の美肌効果の比較

サウナは熱気浴による急激な皮膚の血管の拡張・収縮により、発汗される汗には身体に大切なミネラル・ビタミンなどの栄養素を含んでいて、ベタベタとします。

 

それに比べて、岩盤浴では汗腺と皮脂線の機能が働いて排出された汗には血しょう成分が少なく、質のいい皮脂が含まれていて、サラサラとしています。

 

これは汗と皮脂が交じり合うことで乳化されてできた天然のスキンクリームとなるのす。

 

この汗には保湿効果があり、肌の乾燥から守るため、シャワーなどで洗い流す必要がないのです。

 

美肌効果に焦点を当てると、岩盤浴も遠赤外線の効能はサウナに勝るかもしれません。

 

しかし、サウナにも種類があり、中高温式遠赤外線サウナ・低温式スチームサウナなどがあり、岩盤浴と似た効能の持つものあります。

 

もし身近にこのようなサウナを利用できる施設があるのでしたら、美肌効果に活用してみてるのも有効的です。

 

まとめ

体質改善・美容を目的とするならば、無理なく継続的にサウナ・岩盤浴を利用をする必要があります。

 

サウナは、公共浴場・スポーツクラブに常備されているところが多く、利用料金も別途加算されることもなく、気軽に活用できます。

 

岩盤浴は、専用施設・スパリゾート・ヨガスクールなどに限られていて、別途利用料金がかかるケースが多く、値段も高めの設定です。

 

両方をうまく組み合わせて活用することで、日頃の悩んできた肌のトラブル改善・美肌ケアに役立つことでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ