MENU

スポンサードリンク

汗をかく体質を改善する方法とは!?メリットとデメリットを考えましょう!!

汗をかくことは良いことのように思えますが、逆に悪いことでもあります。

 

良いこととは、汗をかくことは、汗腺がうまく働いてい証拠でもあります。

 

また、代謝が良いことでもあり汗には体を冷やす効果があるので熱中症を予防する働きもあります。

 

逆に悪い汗とは、病気やストレスが原因で汗を書いたりします。

 

ほかにも、更年期障害で汗腺の働きが悪く汗が体の一部分だけの大量にかいたりもします。

 

汗といっても軽く考えるのではなく、なぜ汗をかくのかをよ〜く考えることで健康にも美容にも応用することができますよ。

 

なぜ汗をかくの?

汗をかく理由は以下の理由からです。

 

・体温調整をするため
・病気
・ストレス
・その他(更年期、食べ物の影響)

 

これらがあります。

 

汗をかきやすい方には、特徴があります。

 

・代謝が高い
・ストレスが溜まりやすい(あがり症など)

 

汗をかく体質を改善する場合は、まず自分がなぜ汗をかくのか理由を考えましょう。

 

・体温が高いのか?
・病気なのか?
・ストレスなのか?
・更年期なのか?
・食べ物の影響なのか?

 

理由がわかれば改善する方法がわかるので対策ができますよね!!

 

汗をかくメリット

汗をかくことで美容にも健康にメリットがあります

 

熱中症になりにくくなる

熱中症になる原因は暑さにも原因がありますが、現代人はエアコンなどで体を冷やすことができます。

 

エアコンは熱中症対策にもなりますが、逆に汗腺の働きを鈍くすることもあります。

 

つまり、暑くても汗腺が衰えて汗を出さずに熱中症になるケースが増えているってことです。

 

汗はかかないと汗腺が衰えます。

 

普段から運動やサウナに行き汗をかく習慣が身に付いているなら問題はありません。

 

ですが、汗をかかくことが少ない方は、汗腺が衰えている可能性が大きいです。

 

心当たりがある方は、汗をかくつまり発汗トレーニングをした方がいいでしょう。

 

発汗トレーニングは以下の方法があります。

 

・半身浴
・岩盤浴

 

時間をかけてゆっくりと体の芯から温まると汗腺の働きが改善されます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ