MENU

スポンサードリンク

悪玉活性酸素を防ぐ対策

万病のもとといわれている悪玉活性酸素を防ぐにはどうしらいいのでしょうか?

 

悪玉活性酸素を防ぐには、悪玉活性酸素の発生原因のひとつである食品添加物を体の外へ出すことがポイントとなります。

 

食品添加物を体の外へ出すには、、、

 

・不溶性食物繊維
・水溶性食物繊維

 

こに2つを含む食材を食べると効果的です。

 

不溶性食物繊維

野菜や海藻に多く含まてる食物繊維です。

 

排便を促進する効果がありお腹の中に溜まってる時間が短く添加物を吸着し便と一緒に排出する作用があります。

 

水溶性食物繊維

ヌルヌルした野菜や海藻に含まれています。

 

ヌルヌルした成分の名前は、アルギン酸といい水に溶けるときに周りのものを取り込む性質があります。

 

スカベンジャー効果で体内を掃除しましょう。

スカベンジャーとは、掃除屋を意味する言葉で悪玉活性酸素を消すときにも使います。

 

スカベンジャーを分類すると3つの種類になります。

 

・酵素
・ビタミン

 

スカベンジャー酵素は悪玉活性酸素を消します。
体内で悪玉活性酸素を削除する酵素は3つあります。

 

この3つの酵素は、食品には含まれていません。
体内で作られる酵素なのです。

 

このスカベンジャー酵素を作るには、良質のタンパク質とミネラル食材を組み合わせて食べる必要があります。

 

スカベンジャービタミンで悪玉活性酸素を消します。
酵素だけでは、悪玉活性酸素は削除しきれないのです。

 

スカベンジャービタミンは、抗酸化作用の能力がとても高いです。

 

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE・・・毒性の強い活性酸素を削除します。
ビタミンC・・・活性酸素の削除と発生を抑えます。

 

その他の成分でも悪玉活性酸素の削除ができます。
その他の成分とは、ポリフェノールなどです。

 

ポリフェノール・・・ポリフェノールは、成分の総称です。300種類も成分名があるそうです。赤ワインには、ポリフェノールがたくさん含まれています。タンニン、アントシニアニン、カテキン、など10種類以上も含まれています。

 

食品添加物への対策を紹介しましたが、免疫を高めることも大切なポイントとなります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ